ガジェオタ速報

ガジェット関連の2chまとめです。

    経済

    no title
    ハンバーガー1個でも支払いはカードで——。クレジットカードや電子マネー活用の裾野が、数百円〜数千円の外食サービスにも広がってきた。日本マクドナルドホールディングスは20日、全国約2900の店舗でクレジットカードを利用できるようにした。モスバーガーも5月から決済端末の更新を始め、キャッシュレス対応の店を増やしている。「いつもニコニコ現金払い」という価値観は時代遅れになるのだろうか。

    ■牛丼からカジュ

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23685490Q7A121C1000000/




    【現金不要時代はいつ来るの? バーガー1個もカード払いで】の続きを読む

    商品に取り付けられた電子タグを読み取る自動精算ゲート(10日、東京都港区のローソン実験施設で


    no title



    コンビニエンスストア大手が、電子タグなどの先端技術を利用した次世代型店舗の開発を競っている。

     人件費削減や、人手不足の解消、販売戦略の強化などが狙いだ。

     東京都港区にあるオフィスビルの一角。ローソンが大手電機メーカーの協力を得て、10月に開設した実験施設では、電子タグを利用した最新技術の実用化に向けた実験が重ねられている。

     顧客に見立てた社員が、電子タグがついた総菜や菓子などの商品を、買い物バッグに放り込む。出入り口の自動精算ゲートを通ると、電子タグの情報を電波でキャッチ。スマートフォンのアプリ上で支払いが行われ、レシートが送られてきた。

     電子タグは小型のICチップとアンテナを内蔵した荷札だ。バーコードのように1点ずつ読み取る必要がなく、印字面を探す必要もない。一部の小売業ではレジで導入している。

    (ここまで354文字 / 残り635文字)

    2017年11月18日 12時02分
    YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171118-OYT1T50042.html?from=ytop_main2




    【次世代のコンビニが話題!ゲート通ればスマホで自動精算、レジも不要…】の続きを読む

    no title

    セブン銀行などコンビニATMの設置台数は、コンビニ店舗数の増加に伴って拡大してきた。セブン銀行の設置台数が2万3368台(17年2月末)、またファミリーマートが主導し中堅コンビニが加入するイーネットが1万3272台(17年10月末)、ローソンが1万2350台(17年11月末)となっている。

     コンビニ各社の出店加速化で、コンビニATMの設置台数も順調に伸びてきた。店舗には必ずATMが付き物だから、今でも台数だけは順調に増えている格好だ。セブン銀行も18年2月期は前期比で900台の純増を見込んでおり、セブン-イレブン店内や店外での設置が進んでいる。

     なかでもセブンのATM設置台数は、メガバンク3行の合計の設置台数よりも、さらに多いという存在感を示している。

     先述した通り、コンビニATMが銀行ATMの受け皿となってきたのは事実で、セブン銀行は600以上に上る金融機関と提携、またファミマが主導するイーネットはメガバンクや地銀など66行からの出資を受けて金融機関との関係を緊密化、コンビニのATM運営会社は手数料収入を軸に収益を上げてきた。

    最近では、稼働率が下がった銀行のATMが“お荷物”となっているという論調も目立ってきている。メガバンクとりそなグループ傘下の2行を合わせた都市銀行の台数は2001年以降、コンビニATMの急ピッチな増加と裏腹に約15年間で1割減少した。

     金融機関のなかには「ATMはコンビニに任せればいい」という方針で、自前のATMをゼロにした金融機関もある。

     ATMの導入コストは、1台当たり300万円程度とバカにならない。今や積極的に投資する金融機関は少なく、なかには中期的にATMを半減させるという金融機関もあるという報道もある。銀行ATMが漸減傾向をたどっていくのは確かだろう。

    利用件数は漸減傾向が顕著
    オリンピックがターニングポイント

     とはいえ、コンビニのATMが安泰かというとそうでもなさそうだ。

     というのも、ATM1台の1日あたりの利用件数を見れば、低下傾向が顕著になってきたからだ。

     株式を公開しているセブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン銀行の例をみてみると、2012年度に111.1件あったものが14年に100.9件、16年に95.5件まで落ち込み、17年度の計画も期初の94.7件から最近94.3件に修正するという状態である。平均利用件数の漸減傾向は顕著になってきているのだ。

     恐らく、ファミリーマートやコンビニ各社で構成するイーネットや、ローソン・エィティエム・ネットワークスも同じ問題を抱えているのは間違いないだろう。

     セブン銀行は、ATMさえ設置してしまえば、後はチャリンチャリンと手数料が入る仕組みで、これまでグループの「ドル箱」的存在だった。初期投資も、銀行ATMに比べて不要な機能を省いているため、100万円台後半と銀行の3分の2以下で済んでいるため、積極的に設置台数を増やしてきた。

    しかし、セブン銀行も17年3月期の「経常利益」は、ついに前期比1.2%減とわずかながらだが減益に陥った。売上高に相当する「経常収益」も同1.3%の伸び率にとどまっている。

     もちろん、ATMが2万3000台以上になり、1台当たりの稼働率が落ちるのは当然だという指摘があるかもしれない。

     しかし、セブン銀行の事業活動における「リスク」のところに示されている「リスクの兆候」が表れてきたとも言えなくないのだ。

    「将来、クレジットカードや電子マネー等、現金に代替し得る決済手段の普及が進むと、ATM利用件数が減少し、当社の業績に影響が及ぶおそれがあります」

     この一文は、セブン銀行の「事業活動リスク」に示されているものだ。まさに、今後はこのような「決済革命」が進みそうなのだ。

     これに対し、「いやいや日本人の現金信仰には根強いものがある。そんな簡単に現金が不要な世の中にはならない」と見る向きもいるだろう。

     確かに日本人のクレジットカード利用率は15〜16%と低い。中国や韓国のように50%を超えているような国は極端なケースとしても、米国ではデビットカードとクレジットカード合わせて35%と現金離れが進んでおり、ネット通販市場のクレジットカード決済比率の拡大で今後は一段と現金離れが進むとみられている。

     ひるがえって日本はどうだろうか。今後2020年の東京オリンピック・パラリンピックが一つのターニングポイントになるとみられている。
    http://diamond.jp/articles/-/149517




    【★コンビニATMが消滅?★】の続きを読む

    no title

    関東地方の別のスーパーマーケットで人事担当者として働く50代の女性は、同僚で20年ほど勤めてきたベテランの女性従業員が客からのクレームをきっかけに去年、仕事を辞めたといいます。

    女性によりますと同僚は中年の男性客からクレジットカードを受け取る際に片手で受け取ったところ「無礼だ」と怒られ、
    さらに「そんな無礼なことをする店員だからカードの個人情報を抜き取ったのではないか」とおよそ2時間にわたって大声で抗議を受け続けたということです。

    この対応に一緒にあたったという女性は「男性客はフロア中に聞こえるような大声でどなっていた。

    同僚は、他の店員の見本となって働いてきた自負があったと思うが、みんなの前で罵倒され泣いていた。その後も『また同じ客が来たら怖い』と感じている様子だった」と話していました。
    同僚はこの2か月後「一身上の都合」を理由に退職したということです。

    女性は「『大丈夫、大丈夫』と同僚に声をかけてきたが、もっとフォローしてあげればよかったと今でも後悔している。
    ただでさえ人手不足なのにベテランがいなくなった代償は大きい」と話したうえで、「昔は『客が従業員を育てる』と言われてきたが、今は変わってしまった。
    従業員も1人の人間なのでお客さんも節度を持って接してほしい」と話していました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171109/k10011218061000.html




    【【悲報】スーパーで男性客が2時間大暴れwww「クレジットカードを受け取るのに、片手で受け取るな!」】の続きを読む

    no title

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/14(金)13:32:12 ID:oyN
    電車で例えるなら、毎回切符買って改札くぐってるもんやぞ。suica使えば一発なのに。
    そろそろ時間の無駄なことに気づけよ

    【コンビニで現金払いのやつまだいてワロタwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2017/10/17(火) 22:08:37.11 ID:KF5OJtgq0 BE:328765197-2BP(1669)
    sssp://img.5ch.net/ico/imanouchi_2.gif
    ユニー・ファミリーマートホールディングスは2018年春、現在、全国のアピタ・ピアゴ、サークルK・サンクスで利用できる電子マネー
    「ユニコ(uniko)」の取り扱いを全国のファミリーマートにおいて開始する。
    no title

    https://ryutsuu.biz/strategy/j101712.html

    【ファミリーマート、電子マネー「uniko」を導入 】の続きを読む

    bridge-e1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2017/10/11(水) 19:33:04.01 ID:CAP_USER

    日本人が右傾化した原因
    そうしたメカニズムが、根本的に壊れてしまったのが90年代だ。日本経済の底に穴が開いた。それから今日まで、先進諸国がそれぞれ順調にGDP規模を倍加させていった二十数年間に、日本だけがただ同じ場所で足踏みを続けている。そして一人あたりのGDP金額では、想像を絶する急坂を転げ落ちている最中だ。いま現在も転落の速度は一切ゆるまず、また同時に、まだまだ「底」はまったく見えない。

    つまりこうして、日本人は未来を指向できる足場をなくしてしまった。かつてエコノミック・アニマルとまで呼ばれた戦後の日本人が「経済成長」を欠いたら、どうなるか。考えるまでもない。「引き戻される」ことになる。田舎に。「捨てたはず」だった、日本伝来の地べたを這いずりまわる「過去の」生活に。

    だからいま、明確にそうなり始めている。国際的に見てもかなりめずらしいだろう、汎国民的な「先祖返り」が猛スピードで進行中だ。「弱い者」からどんどん「ヒルビリーの穴」へと取り込まれていく。その仄暗い穴の奥は、ある種母親の胎内のように温かくて心地いい、のかもしれない。

    平たく言うと、近年とみに多いという、いくつになっても、いつまでも実家にいて親と同居しているような感覚こそが「そこ」と地続きなのかもしれない。現代の「田舎のプレスリー」は、「風大左衛門」は、もう都会を目指さない。

    この「後退」が、文明の退化とも言える現象が、90年代以降の日本人の多くが急速に右傾化した原因だと僕は考える。田舎に、「過去」に還っていくのだから、保守どころではない。ファンタジーの範疇に入るだろう「フィクショナルに美化された戦前の価値観」に耽溺するのは自然な流れだ。もはや、そこにしか居場所はないのだから。「ここではない」嘘八百の偽史のなかにしか、精神の拠り所はないのだから。

    排外思想も同様だ。経済が折れて「自信を失った」途端に、自意識の暗い奥底にずっと眠っていた「ヒルビリー性」があらわになったのだろう。旭日旗に対する批判への感情的な反応はもとより、なにかというと「日本人以外」の東アジアの民族や国家を侮辱したがる傾向が、90年代後半以降、燎原の火のごとく広がっていった理由も「文明人からの退化」で説明できる。

    退化しながら「仲間誉め」ばかりに精を出し、そのときにかならず「排外的な悪口を言う」といったパターンが多い。

    僕は日本人のこの傾向を「日本人至上主義」と呼んでいる。アメリカの白人至上主義者のように、「人種として」の日本人だけが神より選ばれた貴い種なのだ、とするような思想だ。そして、アメリカの例と大いに違うのは、日本における潜在的な「至上主義者」層が「とてつもなく多くいる」ということだ。

    少なく見積もっても、日本の全人口の8割がヒルビリー化する可能性がある。そんな人数の何割かが「日本人至上主義者」化するかもしれないわけだ。日本は「ヒルビリーの国」になって、「日本人至上主義(日本人ファースト?)」が国是となってしまう、かもしれない。「一億火の玉」なんてスローガンが提唱されたこともある文明圏なのだがら、あながちこれは「ない話」ではない。

    次回、この連載の締めくくりとして、アメリカのヒルビリーが「どこからやって来たのか」その原点を見据えつつ、未来の話もしてみたい。きわめて近い将来、日本のヒルビリーが引き起こし得る厄災について、できるかぎりの透視をしてみよう。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53074?page=3

    【もうすぐ、日本人の8割が「負け犬」になる日がやってくる 】の続きを読む

    20150605-00000009-wordleaf-0c277cd8cb1264c03d520455582552676

    1: 名無しさん@\(^o^)/
    電子マネーの決済件数が拡大している。日銀の決済動向によると、7月の件数は4億8500万件と過去最高を更新した。JR東日本の「Suica」をはじめとした交通系電子マネーを使える小売店が増え、電子マネーの利便性が向上。発行枚数の増加に合わせて件数も伸びている。

     集計の対象は交通系のほかにイオンが発行する「ワオン」など流通系、楽天Edyなど専業系を含む。鉄道の乗車券購入は含まない。決済件数は過去最高を…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22039220Y7A001C1EE8000/

    【電子マネー決済件数 過去最高に 】の続きを読む

    ay_psm00

    1: 名無しさん@ガジェオタ 2017/10/06(金) 03:07:00.53 ID:CAP_USER
    首都圏の共通IC乗車券「PASMO」がiPhoneやApple Watchなどから使えるようになり、わざわざカードを持ち歩かなくても済むようになる。そんなうわさがインターネット上をにぎわせている。最近「モバイルPASMO」を商標登録する動きが明らかになったためだ。

    PASMOの事業会社は9月に商標登録を申請しており、その範囲は「携帯電話機」「ICカード利用者に代わってする支払代金の清算ほか」「乗物による輸送及び乗物の貸与ほか」「電子マネーの利用」などだ。

    もともとiPhone 7以降では、JR東日本のIC乗車券「Suica」の機能を使うことができ、さらにSuicaとPASMOは相互利用が可能なため、PASMO対応の私鉄や地下鉄、バスなどは、iPhoneさえあれば乗り降りできるようになっていた。しかし限界はあり、例えばiPhoneを私鉄の定期券などとして利用するのは困難だった。

    今後もしモバイルPASMOがうわさの通り実現すれば、こうした不便は解消する可能性が高い。ただし広報窓口である西武鉄道に問い合わせたところ、商標登録の手続きは行ったが、実際にiPhoneなどからPASMOを使えるようにするかどうかは未定。PASMOを使っている人の需要や、費用対効果を十分に見きわめたうえで検討していくとしている。
    https://internetcom.jp/203514/iphone-pasmo

    【iPhoneで「PASMO」が使えるようになる?「モバイルPASMO」商標登録で期待高まる】の続きを読む

    このページのトップヘ