ガジェオタ速報

ガジェット関連の2chまとめです。

    iPhone

    no title
    ロンドン(CNNMoney) スイス・チューリヒ中心部にあるアップルの直営店で9日、スマートフォン「iPhone」のバッテリーが過熱して煙を吹き出し、店内にいた客や従業員が避難する騒ぎがあった。

    チューリヒ警察によると、この騒ぎで建物内にいた客など50人が避難。iPhoneからバッテリーを取り出そうとしていた同店の従業員が軽いやけどを負った。7人は手当てを受けたものの、入院した人はいないという。

    バッテリーが過熱した原因については専門の捜査員が究明に当たっている。警察は、煙を吹き出したバッテリーに砂をかけて非常事態を食い止めたスタッフの対応を称賛している。

    アップルには何度もコメントを求めたが、返答はなかった。

    iPhoneなどの電子製品に使われているリチウムイオンバッテリーは可燃性の電解質が使われていることから、極めて稀(まれ)に、発火することがある。韓国サムスン電子の「ギャラクシー・ノート7」は2016年に発火事故が相次ぎ、同社は昨年、バッテリーの設計や製造に問題があったことを確認した。

    ヒューレット・パッカード(HP)やソニーなどの各社も、コンピューターのバッテリーに発火の恐れがあるとして、リコールを実施したことがある。米連邦航空局やアメリカン航空は、リチウムイオンバッテリーの持ち込みに規制をかけている。
    https://www.cnn.co.jp/tech/35112935.html

    【【悲報】Apple StoreでiPhoneが爆発 】の続きを読む

    no title
    アイフォーンに利用時間制限=中高生の使い過ぎ防止へ―KDDI
    1/9(火) 21:00配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000125-jij-bus_all

    KDDI(au)は9日、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」に、利用時間を制限できるサービスを25日に導入すると発表した。家族があらかじめ設定した時間になると、通話以外のインターネット通信やアプリが使えなくなる。中高生らによる夜間などの使い過ぎを防ぐのが狙いだ。

    KDDIが米グーグル製基本ソフト(OS)「アンドロイド」向けに展開しているスマホ機能制限サービス「あんしんフィルター」の利用時間制限機能を、アップル製基本ソフト「iOS(アイオーエス)」にも対応させる。料金は無料。

    あんしんフィルターは既にアイフォーンで利用可能で、有害サイトの閲覧を防ぐことなどができる。ただ、利用時間制限はアンドロイド限定の機能だった。 

    【【悲報】iPhoneに利用時間制限導入=中高生の使い過ぎ防止へ―KDDI】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/12/31(日) 12:12:20.19 ID:3qSkYw660 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    ポータル「テックレーダー」が今年2017年に発売された最良のスマートフォン15台を発表。
    「テックレーダー」のランキングにはプロセッサーの高速処理能力、デザイン、性能が加味されているが、
    主にはスマホの価格とクオリティーのバランスに大きな注意が割かれている。

    1位に輝いたサムスンのGalaxy S8は低価格でありながら豊富なコンテンツと秀逸なカメラ、画面で群を抜いている。
    2位にも同じくサムスンの Galaxy S8 Plus 、3位には Google Pixel 2が入った。
    ​Apple社のスマホは iPhone X иとiPhone 8 Plusがそれぞれ4位と9位に入った。

    他にベスト10入りを果たしたのは華為技術有限公司のMate 10 Pro、サムスンの Galaxy Note 8、 LG のV30とG6 、
    中国のスマホメーカー OnePlusの5Tで、韓国メーカーの機種が断然多い5機、米国が3機、中国が2機となった。

    https://jp.sputniknews.com/science/201712314439422/

    【2017年のスマホBEST10発表。1位はiPhoneではなくGalaxy】の続きを読む

    no title

     「2016年から22年で3倍以上の成長」──矢野経済研究所は11月24日、「AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)パネル」(以下、有機ELパネル)の世界市場に関する調査結果を発表した。22年には、16年実績の3倍となる15億3660万枚が出荷される見込み。

     有機ELパネルは、「iPhone X」「Galaxy」シリーズなどのスマートフォン、スマートウォッチ、2-in-1 PC、テレビ、ヘッドマウントディスプレイ、車載用機器などに使用される。16年は中国のOPPO ElectronicやVivoなどミドルエンドのスマホに採用されたことで、前年比135.9%の4億2200万枚の規模に成長。

    17年は、同市場をけん引してきたGalaxyシリーズのラインアップ拡大や、iPhone Xの発売などもあり、4億7380万枚の出荷を予測。iPhone Xだけで6000万枚を出荷すると推計する。18年はAppleと中国メーカーのスマホユーザーのみで3億枚以上の市場創出が予測されるという。

     また、韓国LG Electronicsを始めとするテレビや、デザイン性が重視されるスマートウォッチ、電気自動車(EV)などの車載用ディスプレイへの採用も見込まれる。また、材料のロスが少なく、生産工程がシンプルな印刷方式による中型有機ELパネルの本格量産が19年に開始されるとしている。

     有機ELパネル市場は毎年成長を続け、22年には15億3660万枚が出荷される見込みという。

     調査期間は17年7月〜10月。ディスプレイ用AMOLEDパネルメーカー、素子材料(発光材料、共通材料)メーカー、封止材メーカー、静電容量方式のタッチパネルメーカー、偏光板メーカー、基材メーカーなどを対象に、矢野経済研究所の専門研究員らがヒアリングなどを行った。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/24/news083.html




    【◆韓国◆有機ELパネル、iPhone Xで需要加速 6年間で世界市場規模3倍の予測】の続きを読む

    no title



    台湾紙の経済日報は22日までに、米IT大手アップルが価格を低く抑えたスマートフォン「iPhone(アイフォーン)SE」を刷新し、来年前半に後継機種を発売すると報じた。

     後継機種でも4インチ(約10センチ)の小型画面は維持し、価格は450ドル(約5万円)程度となるという。新興国で販売をてこ入れする狙いがある。

     後継機種は台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手ウィストロンがインドのベンガルール(バンガロール)工場で年内に生産を始める見通しだ。(共同)

    http://www.sankei.com/economy/news/171123/ecn1711230009-n1.html




    【◆iPhoneは5Sが史上最高◆】の続きを読む

    no title

    ニンテンドースイッチ、iPhone Xしのぎ「今年最高のガジェット」に—米TIME選出
    インターネットコム編集部 2017/11/22 12:25
    https://internetcom.jp/203786/nintendo-switch-as-number-one

    ニンテンドースイッチ




    米国の週刊誌「TIME(タイム)」が選ぶ「今年最高のガジェット(The Top 10 Gadgets of 2017)」で「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」が首位となり、
    「iPhone X(アイフォーンテン)」は2位となった。

    TIMEといえば「今年の人(Person of the Year)」を選ぶことで知られるが、最近はガジェットを取り上げる記事も出す。並んでいる製品はいずれも、
    日本のガジェット好きが見ても妥当と言えるものが多い。

    とはいえ、日本で高い存在感を誇るニンテンドースイッチが米国でもiPhone Xをしのぐ注目度を持つとはやや驚きではある。

    TIMEがニンテンドースイッチの特徴のうち特に重んじている点は、家庭にいても外に出ても最適な環境でゲームを遊べるという斬新さ。
    こうした設計が日本と生活習慣も文化も異なる海外で支持を獲得しているのは興味深い。

    任天堂が10月末に発表した決算では、日本はもちろん米国および欧州でニンテンドースイッチの販売が堅調で、
    かつてのヒット製品である据え置きゲーム機「Wii(ウィー)」発売時にせまる高水準で推移していることが明らかになった。

    ニンテンドースイッチは発売後約1年間で1,600万台以上の累計セルイン(出荷数)を計画しているが、国内に加え海外での好評からすると、
    もうさして大胆な数字とも言えない。




    【◆Nintendo Switch◆iPhone Xを抑えて「今年最高のガジェット」に】の続きを読む

    http://www.sankei.com/smp/economy/news/171123/ecn1711230009-s1.html

     台湾紙の経済日報は22日までに、米IT大手アップルが価格を低く抑えたスマートフォン「iPhone(アイフォーン)SE」を刷新し、来年前半に後継機種を発売すると報じた。

     後継機種でも4インチ(約10センチ)の小型画面は維持し、価格は450ドル(約5万円)程度となるという。新興国で販売をてこ入れする狙いがある。

     後継機種は台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手ウィストロンがインドのベンガルール(バンガロール)工場で年内に生産を始める見通しだ。(共同)







    【【朗報】4インチの新型iPhone発売か?】の続きを読む

    no title

    1: 名無し 2017/11/07(火) 21:36:09.16 ID:OEJzMDpjr
    なおiPhone X


    タッチディスプレイが反応しなくなったり、ディスプレイの表示が乱れたり、Face IDが動作しなくなるといった結果となっています。

    また、箱に入れて60秒間回転させるテストでも背面ガラスが割れた他、ディスプレイが反応しなくなったり、Face IDが動作しなくなるといった結果となりました。

    これらテストの結果、壊れるリスクの高さを示すスコアは100点満点中”90点”(スコアが高い方が壊れるリスクが高い)となっており、
    「iPhone 8/8 Plus」の67点/74点よりも高く、SquareTradeは「iPhone X」について「これまでで最も壊れやすく、最も高く、最も修理代が高いiPhone」と結論づけています。

    【「iPhoneは画面が割れても使える!Androidは割れたら終わり!」】の続きを読む

    no title
    1: 名無し 2017/11/10(金) 00:23:07.13 ID:8E1wdoJQ0
    ンゴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!?!?!???!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwなお保証には入ってないもよう

    【ワイガイジ、iPhone Xを買って3日でコンクリに落としバキバキに割るw 】の続きを読む

    no title

    iPhoneの充電に使っていたケーブルに触れて感電し、就寝中だった10代の女性が亡くなる事故が
    ベトナムで起きました。Lightningケーブルにどんな問題があったのでしょうか。

    ■Lightningケーブルの被膜に破れ
    この事故を報じたウェブサイト『Metro News』によると、被害者が使っていたLightningケーブルは
    被膜が破れて中の電線が見える状態だったそうです。
    別の箇所にはテープで補修した跡も見られた、とも伝えています

    この被膜の破れが原因で、女性は中の電線に触れて感電したものと考えられています。

    女性が使っていたLightningケーブル・充電アダプタがApple純正品なのかは不明です。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13903574/

    A teenager has died after she was apparently electrocuted in her sleep by her iPhone cable.




    Le Thi Xoan died after being electrocuted by her iPhone cable which was damaged (Picture: Facebook)




    Teenager dies after rolling onto broken iPhone cable in her sleep
    http://metro.co.uk/2017/11/16/teenager-dies-after-rolling-onto-broken-iphone-cable-in-her-sleep-7083847/




    【【iPhone】14歳の少女が美しすぎると話題に 充電ケーブルで被害に…】の続きを読む

    no title
    話題の次世代スマホ「iPhone X」の画面上部の切り欠きを隠せる!?アプリ「Notch Remover」がApp Storeに登場も、壁紙を編集するだけ。どうしても気になるならアリ?

     話題の次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」(Apple製)の魅力は“ほぼ全画面デザイン”もそのひとつですが、その代わりに画面上部中央にフロントカメラやFace ID用のセンサーなどを搭載する「切り欠き(ノッチ)」が存在します。

     うまくアプリの画面上部などを黒くするなどすれば比較的一体感があって気にならないものの、そういった対応がされていない場合には目立って特に使いはじめは気になるという人も多いようです。

     そんな切り欠き部分を無理矢理黒い帯を常時表示させることでわかりにくく隠すアプリ「Notch Remover」がアプリ配信マーケット「App Store」に登場しました。
     価格は有料の買い切りで120円で販売。

     記事執筆時点では11件の評価(レビュー)で星3.8つなのでそれなりに高いのですが、単に壁紙の上部を黒い帯にするだけのアプリなので、一部海外メディアではどうしても必要かどうか考えてから購入するよう注意を促しています。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    エスマックス 2017年11月16日 6時15分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13897077/




    【iPhone Xの画面上部の「凹」を隠せるアプリ登場】の続きを読む

    このページのトップヘ