ガジェオタ速報

ガジェット関連の2chまとめです。

    • カテゴリ:

    ひと口に電気自動車と言っても、電気モーターを駆動する方法はいくつもある。
    いま再び注目を集めているのは、水素を燃料にして発電するクルマだ。

    水素で走るEV(電気自動車)のことを、充電方式を採る車両と区別してFCV(燃料電池車)と呼ぶ。
    先刻ご承知の読者もいるだろうが、日本ではトヨタ が「MIRAI」でホンダが「クラリティ」で先鞭をつけている。
    簡単に構造を説明すると、FCVは水素と酸素を化学反応させて電気を取り出す構造を持っている。
    その電気でモーターを駆動するのだ。

    FCVは日本だけが推進するガラパゴス的テクノロジーだ、と思っているひともなかにはいるかもしれないが、
    じつは海外のブランドも注目している。メルセデス・ベンツはそのうちのひとつで、東京モーターショーに
    「GLC F-CELL」なるモデルを持ちこんだ。





    トヨタともホンダともちがうのはプラグインである点だ。GLC F-CELLは水素充填だけでなく、
    外部充電システムも備える。その意味では“世界初”とメルセデス・ベンツが謳うのは正しい。

    「わが社はFCVに注目しています。日本でも各地に水素ステーションが出来ているし、欧州でも
    ドイツを中心に各国がステーション増設に向けていま動きだしています」

    燃料電池の技術と水素インフラを担当するシニアマネージャー、という肩書きを持つドクター・
    ゲオルグ・フランクは、東京モーターショーのメルセデス・ベンツのブースでそう語った。

    https://gqjapan.jp/car/story/20171031/electric-mobility-with-fuel-cell
    5年かけて開発したというGLC F-CELL。GLCをベースにした理由は適当なサイズ感と、欧州をはじめ
    各地の市場で受け入れられている商品力のため、とドクター・フランクは説明する。発売は2018年を
    目指しているそうだ。

    筆者が、外部電源からのプラグインシステムを備えたのは妥協ではないか? と尋ねると
    「ある意味そうともいえます。しかし、長い距離を走る欧州では水素ステーションが見つからないことも
    十分考えられます。水素ステーション網が拡大する前の第1段階ととらえていただければよいかとおもいます」
    と、ドクター・フランクは回答した。

    GLC F-CELLは4.4kgの水素を搭載でき、新欧州ドライビングサイクルでの航続距離は437kmとされる。
    くわえてEVモードだけでも49km走るので、「長距離走行にも適したクルマ」というブランドの説明には
    説得力がある。

    ぼくは最近、久しぶりにホンダ クラリティに乗る機会があったが、気持ちよく走るのに改めて感心した。
    燃料電池車はまだ特別な存在かもしれないけれど、特殊なクルマではないのだ。

    その“特別”という言葉も、いい意味として解釈してもらっていいだろう。なぜかといえば、メリットが多いからだ。
    「燃料電池は『航続距離が長い』『燃料補給時間が短い』『排出されるのは水だけ』という
    圧倒的なメリットを備えています」

    メルセデス・ベンツはFCVについて、そう説明する。




    【メルセデス・ベンツ最高級車キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

    no title


     内閣府が全国の十八歳以上を対象として、車を乗車中にスマートフォンや携帯電話を使ったことがあるかを調べたところ、
    走行運転中に使用した経験がある人は13・0%に上ることが三日、分かった。信号などで停車中も合わせると、約三人に一人が
    使用している実態が浮かび上がった。

     調査は八月二十四日から九月三日にかけて三千人を対象に実施し、千九百十一人から回答を得た。スマートフォンや
    携帯電話で通話をしたり、画面をじっと見たりしたことがあるかを聞いた結果では、「走行スピードにかかわらずある」とした
    回答が7・1%、「ゆっくり走行中にある」が5・9%で、いわゆるながら運転の経験がある人は計13・0%だった。

     さらに、信号待ちなど「停車中にある」も23・5%で、走行運転中も合わせて乗車中に使用していたのは計36・5%を占めた。
    「全くない」は36・1%で最も多い回答。ほかに「ほとんど運転しない」が8・5%、「免許を持っていない」が17・3%などだった。

     走行運転中にスマートフォンなどを使用すれば、道交法違反で処罰される可能性があるが、それを認識していた人は86・3%。
    複数回答で聞いた危険だと思う行為には、ゲームを挙げた人が74・2%で最も多かった。

     走行運転中や停車中に使ったと回答した六百九十八人には、複数回答で利用目的も質問。最多は47・7%の「電話やアプリ
    通話に出るため」で、これに「メールや通信アプリのメッセージの確認」の44・8%、「かかってきた電話や通信アプリの発信元確認」
    の44・7%などが続いた。使用防止の対策では、複数回答で「厳罰化や違反点数の引き上げ」と「警察の取り締まり強化」が
    50%以上となった。

     警察庁によると、運転中にスマートフォンや携帯電話を使用したことが原因となった交通事故は、昨年一年間で千九百九十九件発生。
    このうち二十七件が死亡事故だった。




    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201711/CK2017110402000126.html




    【運転中にスマホ操作してる奴wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    no title

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2017/10/30(月) 13:12:55.93 ID:grfAXIk40● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171030-00023475-president-bus_all&p=1

    かつて多くの日本企業は「よい品を、より安く」というアプローチで成功してきた。だが「ラグジュアリー・ブランド」の台頭で、苦戦する場面が増えている。「高くても、いいものがほしい」という顧客には、まったく違う売り方が必要になる。神戸大学経営大学院の栗木契教授が、3つのグローバル企業の事例を検証する――。

    ■コスト・パフォーマンス追求の限界

     「よい品を、より安く」

     この短いフレーズに表明されているのは、「同一性能なら競合製品より価格を下げる」「同一価格なら競合製品よりも性能を高める」というアプローチである。その前提には、コスト・パフォーマンスで顧客価値を判定するマーケティング発想があり、その実現には、事業の効率化や、生産性の向上が必要となる。これは20世紀の後半に、多くの日本企業が世界に名をはせるうえで得意としてきたアプローチでもある。

     今の日本企業にとってはどうか。

     わが国の代表的な経営学者である加護野忠男氏は、この「効率追求型」のアプローチからの脱却の必要性を説く(『一橋ビジネスレビュー』2014, Spring)。日本企業のビジネスの前提は、かつてとは大きく変わっている。コスト・パフォーマンスのよさを顧客に訴求するマーケティングに固執しても、国内外で事業を健全に発展させる余地は限られる。

     そのなかにあっては、逆に、「高く売ることを考えるべきだ」というのが、加護野氏の見立てである。

    【レクサス乗ってる奴って周りから「うわぁ…」って思われてるの気付かないのかな 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    Mercedes-S-400-Hybrid-Lexus-LS-600h-729x486-a05afa8005fa18ed

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2017/10/16(月) 17:48:30.32 ID:TyxY7zOJ0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    中国において大きな人気を集めている日系メーカーの自動車。その理由の1つが、長い距離を走っても故障が少ない、丈夫で長持ちという点だ。
    中国メディア・今日頭条は7日「日系車の質がフォルクスワーゲンに完勝していると言うだけの証拠がある」とする記事を掲載した。
     
    記事は「日本系とドイツ系のどちらが優れているかという話は、自動車ファンの間で比較的激しく議論される問題だが、それぞれに一理あって
    相手を納得させるまでには至らないものだ」としたうえで、米国の雑誌が先日各メーカーの自動車に32万キロを走行させてそのコンディションや故障状況を
    評価するという調査を実施したと紹介した。

    そして、調査の結果上位に入った9車種のうち、トヨタが5車種、ホンダが3車種、フォードが1車種という結果になったと説明。
    「基本的に日系車で独占されたが、それよりも驚きなのは、自動車強国のドイツ系が1つも入っていないことだ」と評している。

    中国のネットユーザーからは「日系車は信頼性でドイツ系を上回っている。これには納得せざるを得ない」、「ホンダの車に9年載っているが、ちっとも故障しない」、
    「今、日系車は中国で進化し続けている。10年もすればフォルクスワーゲンの地位は日系に取って代わられるだろう」など、
    記事の内容に賛同を示す感想が見られた。

    http://news.searchina.net/id/1645873?page=1

    【ドイツ車より日本車のが優れている 中国メディア 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    Lexus-UX-crossover-concept-2016-Paris-Auto-Show-steering-wheel

    1: 名無しさん@ガジェオタ 2017/10/04(水) 14:46:36.74 ID:CAP_USER
    トヨタ自動車は4日、乗用車「SAI(サイ)」「レクサスHS250h」が走行不能になる恐れがあるとして、2009年6月~10年12月製造の計5万5628台をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。「走行できない」「エンジンがかからない」など156件のトラブルが報告されている。
     国交省によると、対象の車は変速機のモーターの部品が摩耗し、ショートする可能性がある。北米に輸出した約2万台にも同じ不具合があり、トヨタは現地の法令に合わせた措置を取る。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100400700&g=soc

    【「レクサス」5万台リコール、走行不能恐れ 】の続きを読む

    Water_0907

    1: 名無しさん@ガジェオタ 2017/09/25(月) 17:24:33.05 ID:CAP_USER9
     米コンサルティング会社インターブランドは25日、世界的に事業展開する企業の2017年のブランド価値ランキングを発表した。日本勢はトヨタ自動車が前年の5位から7位に後退し、6位に上がった韓国サムスングループに抜かれた。1位は5年連続で米アップルだった。

     トップ100のうち、日本企業は前年と同じ6社。トヨタは次世代環境車の開発が期待されたが、北米での販売鈍化や円高が悪影響した。中国市場で伸びているホンダが21位から20位に、日産自動車が43位から39位に上昇した。一方、キヤノンは42位から52位、ソニーは58位から61位に下がった。

    配信2017/9/25 16:47
    共同通信
    https://this.kiji.is/284954520080925793

    【【朗報】トヨタブランド7位に後退 韓国サムスンに抜かれる】の続きを読む

    Water_0907

    1: 名無しさん@ガジェオタ 2017/09/25(月) 20:31:11.38 ID:CAP_USER
    米コンサルティング会社インターブランドは25日、世界的に事業展開する企業の2017年のブランド価値ランキングを発表した。日本勢はトヨタ自動車が前年の5位から7位に後退し、6位に上がった韓国サムスングループに抜かれた。1位は5年連続で米アップルだった。

     トップ100のうち、日本企業は前年と同じ6社。トヨタは次世代環境車の開発が期待されたが、北米での販売鈍化や円高が悪影響した。
    中国市場で伸びているホンダが21位から20位に、日産自動車が43位から39位に上昇した。一方、キヤノンは42位から52位、ソニーは58位から61位、パナソニックが68位から75位に下がった。


    続きはソースで
    http://www.sankei.com/economy/news/170925/ecn1709250018-n1.html

    【【2017年 ブランド価値】「トヨタ」ブランド7位に後退…韓国サムスンに抜かれる 1位は5年連続で米アップル】の続きを読む

    このページのトップヘ